前へ
次へ

コミュニケーション能力を教育で理解

子供の社会教育として重要なのが相手とのコミュニケーション能力になり、これは大人になってから身につけることではなく子供のうちから経験しておくことで成長ができます。基本的なコミュニケーションとしては、まず挨拶になります。「おはようございます」という挨拶ができるようになるには、当たり前のように学校で挨拶のコミュニケーション環境が整っていないといけません。友達同士では「おはよう」先生や目上の人には「おはようございます」というように、相手によって言い方を変えたりすることは経験によって身についていきます。またコミュニケーションでは自己主張もできるようになると対話の幅が広がっていきます。自己主張が強い人が敬遠されるような時代背景もありましたが、今では自己主張をしっかりとすることで自分の方向性を示すことができるようになり、社会生活ではリーダーシップを期待されます。友人同士で話をしていると自己主張をする子と、相手の言いなりになってしまう子の差があり、言いなりになる子供では相手と衝突したくないという気持ちが表れています。もちろんそういったケースもありますが、何でもかんでも言いなりになってしまうと、まるで家来になってしまいます。自己主張は強くなくても、わたしはこう感じるという気持ちを伝えることで相手が理解をしてくれますので、コミュニケーションの基本といえます。コミュニケーションの原則としてあるのが、相手を理解して自分を理解してもらうという順番があります。相手を理解していくということは、先に自分ではなく相手から入らなくてはいけません。そして相手の話を理解したら、自分の主張を話していくとどこかでマッチングできるポイントが見つかるかもしれないです。こういったコミュニケーションの取り方を基本として、話し合いをさせたりすることが社会生活において成長できることになります。人は分かり合える生き物として言葉を使いますので、言葉を伝えることは教育でも自己主張から始まります。

キレイに直した実績も豊富な施工会社
リピート率92%と高い信頼を得ていますし、12,000件以上の実績があります。

開発的な要素を含む自動検査機を提供しています
顧客のニーズに応じた自動化に向けた装置構想案も提案可能です。

人力で行うより早く見た目のチェックができます
既定の検査を肉眼で行うより、素早くできるので製造現場の負担軽減に貢献できます。

短時間での細かな加工を実現する精密加工機
数秒単位でミリ単位の細かな加工を実現できる精密加工機を提供可能です。

Page Top