前へ
次へ

ゲームから考える教育の効率化

一般社会においては、教育にビデオゲームなど、害と考える傾向があるのではないでしょうか。ただし、情報を記憶する意味では、ゲームの方に軍配が上がる場合もあるはずです。社員教育の中には、ゲームの仕組みを取り入れた、研修も存在します。一般的な教育と、ゲームの内容に対する大きな違いは、目的意識の有無が挙げられるでしょう。黒板に書いている内容を、ただノートに写し、説明しているだけの内容においては、学ぶ目的が見えて来ない場合もあるはずです。これは、目的を見失った登山家が、山道に迷う様な内容であり、勉強に対する気力を失ってしまいかねません。幼児が、大人の真似事するのは、大人へと成長する目的意識が強くあり、大人の行動を真似る姿が現れやすくなるのです。小学1年生になると、閉鎖的な環境での生活環境が現れやすくなり、大人へとの目的も見えなくなりやすくなるでしょう。現在は、犯罪などのニュースもあり、社会との接点が薄れつつあります。企業が率先して、子供の教育に干渉することで、大人への憧れも再び現れやすくなるかもしれません。

Page Top