前へ
次へ

教育は多方面からフォロー

教育は義務教育から始まって、高校、大学、大学院とつながっていくのですが、最終となるのはどこなのかというとなかなか判りにくいです。義務教育の前の、幼稚園や保育園での学びから始まって最終の大学院までを総称するのが一般的です。大学院は馴染みが薄いので、大学まで行く人限定になってきます。学びと質が違ってくる小学校からの勉強や、道徳的な事が教育になるはずです。勉強ではない学び、社会のルールや倫理的な事は経験を踏まえて学んでいきます。親や教師が教えてあげ、知っていき、自分の物としてとりこんでいく必要のあるものです。勉強に関しては、学校以外にも塾があるのでそこでフォローがされます。小学校に上がる前には幼児向けのスクールが沢山あります。色々な刺激を受ける事で、子供の興味を引き出して、学ぶ楽しさを覚えていくには有効な手段です。親がここまでと考えるよりも長く、色々な事を教えていく時間は長いです。生活の中でも覚えていくことは多いです。

Page Top