前へ
次へ

動機付けを考えた中での教育の在り方

教育の中で、よく語られる話の中に、動機付けと呼ばれる言葉があります。動機付けとは、行動を起こすための意欲であり、目的になる様な内容です。外国を覚えるには、異国の異性を求められると早く身につく話があり、話したい気持ちの気持ちが教育に強い影響を与えます。動機付けは、達成感と関わりが深くあり、物事の達成感が動機付けを高める場合もあるのです。野球選手になりたい子供に対して、野球をしたいのか、野球選手になりたいのかの話があります。後者の場合は、達成感が簡単に現れにくく、前者の場合は、直ぐに叶いやすい場合もあるでしょう。教育の中では、したい気持ちが大切であり、一斉に同じ授業を行うのではなく、分散して行いたい内容に取り込んだ方が効果が表れやすくなるはずです。北欧の中では、この教育方法を取り入れている国家もあり、学力も高くなりやすい話もあります。現在の日本の先生は、子供達に対する動機付けを考える余裕も無く、社会が先生方の負担を軽減させていく取り組みが必要でもあるでしょう。

Page Top